任天堂法務部が「最強」と呼ばれる理由って?コロプラの今後は?

こんばんは!
くぼたやです。

今日の寒さに、驚きましたΣ(´∀`;)
寒い日は早くお家に帰りたくなりますね~

お正月にもらった年賀状をそろそろ返そうかなと思っていたら、もう年賀はがきは売っていませんでした。
そうですよね。明けまして、もう何日経ったのか(゚д゚)遅いですよね(笑)
ということで、くぼたやは週末に寒中見舞いを書こうと思います。

今日は寒いのもあり、仕事を終えたあとは早めにお家に帰りました♪
最近、懐かしいゲームにハマっています。初代のポケモンを、またやり始めました(笑)
今も変わらずとてもヒットしていますよね!

ネットサーフィンをしていると、ゲームで有名な任天堂の法務部のニュースを発見しました!
法務部のことは初耳!気になったので、調べてみました♪

 

スポンサードリンク

 

任天堂法務部って?

 

任天堂株式会社(にんてんどう、英: Nintendo Co., Ltd.[1])は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。
一般企業における法務部とは、企業に関する法律事務を請け負う部署であり、主にコンプライアンスや訴訟対応などを担当する。
日本を代表する企業の一つである任天堂にも法務部は存在するが、任天堂が関わった訴訟や裁判などでは任天堂側がことごとく勝訴しており、「任天堂法務部は最強」という伝説がまことしやかに流れることになった。

「任天堂法務部は最強」

任天堂法務部が訴訟や裁判で勝訴することが多いことから、そう呼ばれているのですね(´▽`*)
私は任天堂さんのゲームをしたことはあるのですが、訴訟や裁判については知らなかったので新たな発見でした。

具体的にはどのような事例があったのでしょうか?

 

「任天堂法務部は最強」勝訴した3件を紹介

 

最強と呼ばれる理由が分かったところで、次は勝訴した3件を紹介します。

 

「ドンキーコングはキングコングのパクリ」裁判

「ドンキーコングはキングコングのパクリ」とアメリカのユニバーサル社から訴えられた事件。
法務部の調査によりユニバーサル社がキングコングの映画のリメイク権を取得していなかった事が発覚し、任天堂はユニバーサル社を名誉棄損罪で逆提訴。ユニバーサル社は敗訴し、任天堂に160万ドルの賠償金を支払った。

ユリ・ゲラー裁判

超能力者として一世を風靡していたユリ・ゲラーが、ポケットモンスターのキャラクター「ユンゲラー」は自分の権利を侵害しているキャラクターだと訴訟を起こした事例。
任天堂は「ユンゲラーという名前は日本で発売したものでしか使われない」「日本で発売した商品には海外の法は適用されない」という点を指摘し、訴えを退けた。

3DS裸眼立体視特許裁判

元ソニー社員が「ニンテンドー3DSに搭載されている裸眼立体視の仕組みは私が取得した特許を侵害している」と訴えを起こした事例。
訴えを起こした男性は2003年に任天堂本社を訪れ裸眼立体視の仕組みをプレゼンした所、何の連絡もなしにニンテンドー3DSにその仕組みが使われたとして賠償金を請求。 ニューヨークで行われた第1審では2014年1月に裁判所が任天堂側に対して賠償金29億円支払いを命じた。任天堂側は控訴し、2014年12月米連邦巡回控訴裁判所は一審判決を破棄し差し戻し審を命じた。
その後2016年4月25日、上記の特許侵害は無かったと判決が下り、任天堂側が逆転勝訴している。

ゲームやゲーム機のタイトルが、有名なものばかりですね!
事例については全く知りませんでした。

 

今またハマっているポケモン、ユンゲラーもでてきた(笑)
なんだか名前が似てるな~とは思っていたのですが、裁判沙汰になっていたのですね!

こんな都市伝説も出ちゃうほど!(・ω・)

 

「最強」と呼ばれていますが、全勝しているという訳ではないようです。
敗訴や和解することもあったようです。

全勝していたら、それこそ伝説ですね!
「最強」と呼ばれるほど、勝訴しているイメージの方が強いのでしょう♬

 

任天堂がコロプラ「白猫プロジェクト」を提訴

 

任天堂がコロプラ「白猫プロジェクト」を提訴したことが、1月10日に明らかになりました。

任天堂はスマホ向けゲームを提供するコロプラに対して、「白猫プロジェクト」の差し止めと44億円の損害賠償を請求する訴訟を起こしたという。
コロプラが1月10日に明らかにした。

スマホ向けゲーム、今とても流行っていますよね。
もし差し止めになったら困るというユーザーの方もいらっしゃると思います。

 

最強と呼ばれる任天堂法務部とコロプラ、今後が気になっている人が多いようです!

任天堂法務部が勝訴するという声が多く挙がっていますね。

 

 

スポンサードリンク
 

まとめ

 

・任天堂法務部が最強と言われる理由は、任天堂が関わった訴訟や裁判などでは任天堂側がことごとく勝訴しているから。

・任天堂がコロプラ「白猫プロジェクト」を提訴したので、今後はどうなるか?その行方が注目されている。

 

調べてみて、なぜ最強と呼ばれるかが分かって良かったです( ..)φメモメモ
知らない事例が多かったのが、新たな発見でした!
都市伝説もあったり、ゲームって裏側まで深いなあと思いましたね。

今後どうなるのか…
続報がとても気になりますね!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー