藍色好きさはベッキーに贈った歌詞?意味を調べてみました!

この記事は3分で読めます

こんばんは!
くぼたやです。

音楽を流しながら過ごす金曜日の夜って、優雅な気分になります♪
私は音楽を聴いていたら、歌詞の意味が異様に気になってくることがあります(笑)
CDを発売日に買って(もしくはフラゲして)歌詞カードを見ながら聴く瞬間の感動たるや!
と、熱くなってしまいましたが(笑)
音楽を聴くうえで気になることの1つを挙げるなら、私は歌詞だな~と改めて思いました。

ネットサーフィンをしていると、川谷絵音さんのindigo la End「藍色好きさ」の歌詞は
ベッキーさんに贈った歌詞というニュースを見つけました(‘ω’)
どんな歌詞や意味なのかとても気になりました!今回は歌詞の意味を調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

indigo la End 「藍色好きさ」について

 

indigo la End(インディゴ ラ エンド)は川谷絵音さんがボーカル、ギターを務めるロックバンドです。
歌詞のエピソードに関しては、2018年1月23日深夜に日本テレビ系で放送された「新曲うたいたいんですけど…」で明らかにされたようです。

 

ボーカルの川谷絵音が、昨年の不倫騒動直後に発表した「藍色好きさ」の歌詞は「誰とは言わないが、贈るために」歌詞をわざわざ変えたことを明かした。

この歌詞について川谷は「(曲は)年末に作ってて、歌撮りもしていたが、騒動が起こって直後にレコーディングし直して、歌詞を変えた」と告白。東野から「敢えて(歌詞を変更)した?」と聞かれると「敢えてしたというより、誰とは言わないが、贈るために。それしか出てこなかった」とベッキーの名前こそ出さなかったが、ベッキーを思う気持ちが歌詞を変えさせたと明かした。

川谷は「色んな人に、これはそういう歌詞ですかって聞かれ、違いますって答えていた。他の人にそう言われたくなかった」と、否定していた理由も説明。

 

昨年の騒動から1年ほど経って、川谷絵音さんご本人の口から明かされたようです。

 

 

話題になっている 「藍色好きさ」という曲。

アルバム「藍色ミュージック」の1曲目に収録されているようです。

発売日は2016年6月8日

あの騒動の後なので、ベッキーさんに贈った歌詞という確率は高いでしょうね。


藍色ミュージック [ indigo la End ]はこちらからチェック!

 

気になる歌詞の意味を調べてみました!

歌詞の中で特に気になった部分を調べてみました!

 

真面目な話をしてもいいかな
僕は君が好きです

このあたりは、もう…

愛のメッセージですね!

 

君が好きだってこと以外は
この際どうだっていい
藍色になった君が好きなんだ
君が好きだってこと以外は
もう何も考えないことにしよう
君が好きさ
君が好きさ

 

どうだっていい、という部分は世間体などに対してかなと思いました。
好きという言葉の羅列から伝わるのは、その当時の熱い思いが詰まっていたのでしょうね。

日本の伝統的な色としては、藍のみで染めた色ではなく藍に少量の黄の染料を加えて緑がからせたものを指すようなので
ここでいう藍色とは少量の黄色(すなわち川谷絵音さん?)を加えて藍色になった君(ベッキーさん)が好き
ということかもしれませんね。

例えに色を含めたロマンチックな歌詞ですね。

 

噛み締め忘れた幸せを

もう一度だけ
ここで言っても
報われないんだろうからさ
迎えに行くまでは取っとかせてよ

「迎えに行くまでは取っとかせてよ」

その時の気持ちが全面に反映された歌詞なのだと感じました。
結末としては、それは現実にはなりませんでしたが…

 

 

ベッキーさんに贈った歌詞ということが感じられました。

わざわざ歌詞を変えてまでも伝えたかったメッセージが詰まっていると思いました。

まるでベッキーさんに語り掛けているような歌詞ですね。

 

最初に聴いた時は綺麗な曲だという印象でした。
改めて歌詞の意味を考えて聴くと、それだけではない曲なのだと思いました。

 

 

スポンサードリンク
 

まとめ

・indigo la End「藍色好きさ」は意味を調べて推測すると、ベッキーさんに贈った歌詞

歌詞の意味を調べてみると、言葉の持つ力って大きいと思いますね!
こうして曲や歌詞にメッセージを乗せられるのは音楽関係の方ならではだと思いました。

既にファンの方々の間では推測されていたというので、曲と歌詞の重要性を感じました。
あの騒動から1年ほど経って、謎が解明された!と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2003年1月
    1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー