オールスター感謝祭2018春ミニマラソンの優勝者は?順位や結果まとめ

この記事は2分で読めます

こんばんは!
くぼたやです。

オールスター感謝祭2018春の季節がやってきました~!
赤坂5丁目ミニマラソンは気になる企画の1つです。
今年は誰が優勝するのでしょうか?
箱根駅伝を4連覇した原監督率いる青山学院大学からエースが参戦するということで、
どうなるのかワクワクしている方も多いと思います(*’▽’)

今回はオールスター感謝祭2018春ミニマラソンについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

赤坂5丁目ミニマラソンについて

 

「赤坂5丁目ミニマラソン」はTBS系のテレビ番組「オールスター感謝祭」において行われるコーナーです。

2005年春からは、地元の商店街やTBSなどが主催する「赤坂春まつり・赤坂秋まつり」のイベントの一つとして位置づけられ、
当日は一ツ木通り自体が終日歩行者天国になることから大がかりな交通規制が可能となりました。

 

 

赤坂五丁目ミニマラソンは地域ぐるみの一大イベントとなっています。
その一方で、
近年は上位入賞者が固定されています

 

・プロのランナー
・森脇健児
・水内猛
・猫ひろし
・宇野けんたろう
・初参戦のためハンデを受けなかった俊足ランナー等

 

今回もお馴染みの顔ぶれになるのか、あっと驚く方が登場するのか!?
毎回楽しみになるのが赤坂5丁目ミニマラソンですね(・ω・)

 

今回は箱根駅伝4連覇の原監督率いる青山学院大学のエースが出場します!

 

 

 

 

2018春の優勝者や順位について

 

優勝予想や配当金は画像の通りです(*’▽’)

 

青山学院大学の下田選手のハンデは
最初のスタートから4分30秒

 

どうなるのかドキドキ…

 

 

終盤では名が挙がっていた森脇健児さんが、
先頭のおばたのお兄さんを追い越して1位に浮上

 

下田選手が追いつき…

心臓破りの坂で

 

下田選手が森脇さんを追い越しました!

 

 

 

下田選手が1位でゴール!

 

優勝者は下田裕太選手です。

 

最後の瞬間、どうなるのかドキドキしました…。

8位までの順位を発表します!

 

1位(優勝) 下田裕太(青山学院大学)

2位 森脇健児

3位 山本浩司(タイムマシーン3号)

4位 ノッチ

5位 ハリー杉山

 

6位 小島よしお

7位 東国原英夫

8位 おばたのお兄さん

 

観ていてドキドキハラハラしました。

下田選手、優勝おめでとうございます!
青山学院大学ラストラン&バースデーランという記念すべき日に優勝!

心臓破りの坂は現役の駅伝選手でもキツイそうですね。

森脇さんは51歳、東国原さんはなんと60歳で還暦を迎えているというのでとても驚きました!

年齢に関係なく挑戦し続ける姿に勇気をもらえますね。

 

スポンサードリンク

まとめ

・「赤坂5丁目ミニマラソン」はTBS系のテレビ番組「オールスター感謝祭」において行われるコーナー

・オールスター感謝祭2018春のミニマラソン優勝者は下田裕太選手

引き込まれるようなミニマラソンでした!

本気でやっているからこそ、かっこいいのだと思いました(`・ω・´)

下田選手は青山学院大学ラストラン&バースデーランという今日、優勝できて本当に良かったですね!

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2002年1月
    1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー