別冊花とゆめ休刊でガラスの仮面の今後はどうなる?完結する?

こんにちは。
くぼたやです。

別冊花とゆめが休刊するというニュースを見ました。
残念ですね・・・
ガラスの仮面はどうなるのでしょうか?

今回はガラスの仮面の今後について調べてみました。

スポンサードリンク

 

 

別冊花とゆめが休刊

 

別冊花とゆめ(白泉社)が、26日発売の7月号にて休刊を迎えました。
1977年に創刊されて以来、美内すずえ「ガラスの仮面」、魔夜峰央「パタリロ!」、菅野文「オトメン(乙男)」など数多くの作品が連載されてきました。
最終号の誌面では、現在連載中の作品や、別冊花とゆめ執筆作家の今後の掲載予定も明らかに。山田南平、高尾滋、都戸利津、久世番子は今秋創刊される新Webマンガ誌・花ゆめAiにて新連載を予定しています。

 

約40年の歴史って長いですよね・・・
休刊は残念なニュースでした。

 

 

ガラスの仮面の今後はどうなる?完結する?

 

ガラスの仮面の掲載誌が休刊することに驚きの声も多いです…

 

現時点での最新刊は49巻。

→ガラスの仮面(49) めぐりあう魂 3 はこちらからチェック!

他の作者さんの今後の掲載情報を見てみると

・白泉社の総合エンタメアプリ・マンガPark

・白泉社のWebマンガ誌・花丸漫画

・今秋創刊される新Webマンガ誌・花ゆめAi

が挙がっています。

 

 

年末の展示会では『未完で終わらせない、もう少しお待ち下さい』

 

 

作者の美内すずえさんが、『ガラスの仮面』は、必ず最終巻まで描き続けます

と言っているので、完結すると思います。
今後どこかしらで発表される可能性はありそうです。

他の作者さん同様ウェブで掲載されるということもあるかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク

まとめ

・ 別冊花とゆめが休刊

・「ガラスの仮面」については今後雑誌連載の方向性が決まれば、発表される。
作者の美内すずえさんが「必ず最終巻まで描き続ける」といっている

 

休刊のお知らせに驚きましたが、最終巻まで描き続けるということで
今後の発表が楽しみですね。

 

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリスマスコフレ特集

福袋2019

カテゴリー

翻訳