デイジー・ラック(ドラマ)のあらすじは?原作との違いやネタバレも!

こんばんは!
くぼたやです。

『デイジー・ラック』のドラマ制作が始まったようですね!
原作が海野つなみさん、出演女優さんも可愛い方ばかりで楽しみです(‘ω’)

『逃げるは恥だが役に立つ』こと『逃げ恥』で一世を風靡した
海野つなみさん原作!

私の周りは、恋ダンス踊ってる子も多かったです♪
カラオケ行った時とかに盛り上がりますよね(^O^)/

今回の『デイジー・ラック』も社会現象となる可能性大!
ということであらすじや原作との違いなど調べてみました☆

スポンサードリンク

 

ドラマ『デイジー・ラック』について

ドラマ『デイジー・ラック』のあらすじやキャストについて調べてみました♪

 

2018年4月20日(金)スタート<45分・連続10回>
総合 毎週金曜 よる10時から

 

4月からのドラマ10は海野つなみさん原作!
仕事に、恋に、30歳女子4人の幸せ探しが始まります!

 

◆あらすじ ストーリー

子どものころ「ひなぎく会」という名前をつけて集まっていた幼なじみの楓、薫、ミチル、えみの4人は、
えみの結婚式で久しぶりに再会する。

だが、まさにその日、楓は勤務する会社が突然倒産し、恋人からもふられ、30才目前で仕事も恋も失うことに。
楓は子どものころの夢だったパン職人になることを決意。

町のパン屋に職を得たものの、パン作りの道は険しく、先輩の職人・安芸の指導も容赦がない。

楓の新しい人生の始まりとともに、高級エステサロンの仕事にまい進する薫、極貧のカバン職人のミチル、

新婚のえみの日常も、それぞれに思いがけない展開を見せていく。4人の明日は晴れ、それとも雨?

 

 

◆出演

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楓/佐々木希

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薫/夏菜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミチル/中川翔子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えみ/徳永えり

ほか

 

くぼたや
あらすじから、気になる要素が満載ですね!
出演女優さんがとても可愛いので、引き込まれそう♪
原作とはどう違うのでしょうか?

 

原作との違いやネタバレについて!

原作との違いをネタバレ含めて紹介していきます。

 

ドラマ化されるにあたって、新装版が出版されたようです!
表紙がかなりオシャレですよね♪

新装版 デイジー・ラック(1) (KC KISS) [ 海野 つなみ ]はこちらからチェック!

 

 

新装版 デイジー・ラック(2) (KC KISS) [ 海野 つなみ ]はこちらからチェック!

 

◆原作あらすじやネタバレ

 

小学5年生で出会ってから19年、30歳を迎える4人の幼馴染たちが主人公。

定期的に「ひなぎく会」といういわゆる女子会を開いて集まっている。

 

・岩代えみ

4人のなかで唯一の既婚者。料理が好き。

・山城楓

これから先もひとりで生きていくことになるかもしれないと、一念発起して転職。パン職人の道を志す。
2度目の転職で、ほかのメンバーと比べて特別好きな仕事があるわけでも家庭があるわけでもなく、焦りを感じていた。

 

・周防薫

大手エステサロンの現場チーフから営業に転身したキャリアウーマン。
30歳を目前にある大仕事を任されることになり、「これからの自分を形作る第一歩になる」と意気込んでいる。

 

・讃岐ミチル

カバン職人。学生のころからオーダーメイドのバッグを作っていて、そのまま好きなことを仕事にしている。
マンション購入を夢見つつ、仕事の依頼は減少傾向で収入はギリギリ……。

立場も仕事も環境も違う4人。
悩みもそれぞれ違うが、言いたいことは我慢しない関係。

 

基本的にはドラマの原作と設定も似ている点が多いですが

・ドラマではえみの結婚式で再会
 原作では定期的に「ひなぎく会」で集まっている

・ドラマでは会社が倒産してパン職人を志す
 原作では一念発起して転職してパン職人を志す

・名字の有無

という点が違うところだと思いました。

 

作中で細かな違いはあるとは思いますが、ドラマスタート後に明らかになりそうですね。

 

ここからは原作より、ネタバレです。

 

パン職人を志し、一念発起して転職した楓。
大好きなパンと優しい仲間に囲まれて、見習いとして奮闘していた。

ある日働いているパン屋に、数年間ヨーロッパに留学していた安芸という男性が戻ってきた。
パン作りに真剣に向き合う姿を見るうちに、しだいに恋心を抱くようになるが、安芸には忘れられない人がいるよう。

楓自身も、せっかく新しい職場にやってきたのに気まずい雰囲気にはしたくなく、気持ちを伝える勇気はない。

パン職人に転職した楓は、まだ見習い期間中。
気になっている安芸が落ち込んでいることがわかっても、何もすることができず、恋も前途多難。

 

ドラマでは「先輩の職人」となっているので、その点も違いがあるのかもしれませんが
恋の行方にドキドキしますよね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

まとめ

・ドラマは「ひなぎく会」幼なじみの楓、薫、ミチル、えみの4人の物語

・ドラマと原作の違いは
 ドラマではえみの結婚式で再会しているが、原作では定期的に「ひなぎく会」で集まっている
 ドラマでは会社が倒産してパン職人を志すが、原作では一念発起して転職してパン職人を志す
 名字の有無

 

4月スタートなので、これからが楽しみですね(≧◇≦)

どんなドラマになるのか、ワクワクします!

 

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー