恵方巻き2019京都府の方角はどこ?起源と食べ方についても!

イベント

こんばんは!くぼたやです。

街中では恵方巻とバレンタインの宣伝を多く目にしますd( ̄  ̄)
最近は恵方ロールもあったりして、バリエーションも豊富で楽しめますね♪

今回は恵方巻き2019京都府の方角、起源と食べ方について調べてみました。

 

2019年、京都府の恵方は東北東!

 

 

今年の恵方は東北東です!

どっちだろう~?とあらかじめチェックして食べるのが良さそうですね!

恵方は全国共通ではありますが、スマホのコンパスなどを使って調べておくと安心ですね。

 

 

恵方巻とは?

 

現在は「節分の夜に、恵方に向かって願い事を思い浮かべながら丸かじり(丸かぶり)し、言葉を発せずに最後まで一気に食べきると願い事がかなう」とされる。「目を閉じて」食べるともされる。「笑いながら食べる」という人もおり、これは様々である。また太巻きではなく「中細巻」や「手巻き寿司」を食べる人もいる。近畿地方の表現である「丸かぶり」という言葉から、元々は商売繁盛家内安全を願うものではなかった、との考察もある。

 

ぴよ
ひとつ 恵方に向かって
ふたつ 願い事を思い浮かべながら
みっつ 言葉を発せずに最後まで一気に食べきる!

くぼたや家では家族全員が一斉に目を瞑って食べていました(∩´∀`)∩

笑いながら食べるっていうのもあるのですね~!

手巻き寿司、ハーフ恵方巻き、恵方ロールなど
オーソドックスな恵方巻き以外の物も登場してます。
具材も年々バリエーション豊富になってますね。
かんぴょうを初めて食べたのが恵方巻きでしたね…!

 

恵方の決め方について

 

恵方の決め方は、十干(じっかん)という暦に基づいて決められており、しかも、恵方とされる方角は16方位中、4つの方角しかありません。
十干(じっかん)とは【甲乙丙丁戊己庚辛壬癸】の10種類で、十二支(じゅうにし) 【子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥】の12種類と併せて干支(えと)を表すのに使うものです。
60歳を表す「還暦」とは、10と12の最小公倍数である60で干支が一回りして暦が元に戻ることを指します。
恵方は東北東、西南西、南南東、北北西の4種類で、南南東の頻度がやや多めとなっております。

十干という暦に基づいて決められています
恵方は4つの方角しかないのですね。
東北東、西南西、南南東、北北西の4種類で南南東がやや多めのようですね。

くま
実は、10年後の恵方も決まっているそうです!
十干に基づいて決められているということは、遥かに先の50年後の恵方も決まっているということですね。

 

 


恵方巻は大阪発祥!?諸説あり

そもそも、恵方巻の起源って?
と思い調べてみると、大阪発祥という説が多いようです!

 

恵方巻の起源・発祥は諸説存在し、信憑性も定かではない。説としては以下のようなものがある。
・江戸時代の終わり頃、大阪の商人たちの商売繁盛と厄払いの意味合いで、立春の前日の節分に「幸運巻寿司」の習慣が始まったとする説。
・江戸時代末期から明治時代初期、大阪の商人(「船場の商人」とする資料も存在する)による商売繁盛の祈願事として始まったという説。起因として「厄落とし・縁起担ぎ」「船場にある階段の中段で女性が太巻きを丸かじりして願い事をした」、「船場の旦那衆のあそび」が挙げられている。
・豊臣秀吉の家臣・堀尾吉晴が偶々節分の前日に海苔巻きのような物を食べて出陣し、戦いに大勝利を収めたという故事を元にしているという説。ただし、板海苔の誕生は江戸時代であることから、この説の根拠の乏しさが指摘されている。
・1800年代のある年の節分の日に、大阪近郊の申村(現在の此花区伝法付近と比定)に住む老若男女が集まり、巻寿司を食す時に、切り分ける手間を省くために一本丸かぶりをしたというのを発祥とする説

大阪というワードが頻出しています。
大阪発祥説が濃厚ですね!

言われてみると…
大阪では恵方巻はどこでも取り扱っているイメージがありますね。
ただ、最近はコンビニなど全国区で見かけることが多くなってきました。

 

まとめ


2019年の恵方は東北東

食べるときにはしっかり東北東を向きたいですね。
私も今年の恵方巻きはどうしようかなあ…と考え中です。

今回は恵方巻の起源や食べ方についても知ることができました。

最後まで読んで下さった方、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました