ハプスブルク展2019(東京)の混雑状況や口コミについて

こんにちは!くぼたやです。

600年にわたる帝国コレクションの歴史が観られるのはとっても豪華ですね(゚∀゚)

今回はハプスブルク展2019(東京)の混雑状況と口コミについて調べてみました。

 

ハプスブルク展2019(東京)について

「ハプスブルク展」では、ウィーン美術史美術館の協力のもと、世界屈指と言われるハプスブルク家のコレクションから、絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具など約100点を展示されます。

ハプスブルク家のコレクションの礎を築いた神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世から、美術史美術館の建設者でもあるオーストリア・ハンガリー二重帝国「最後の皇帝」ことフランツ・ヨーゼフ1世に至るまで、ハプスブルク家の人々の紹介も兼ねながら、コレクションの特色や、傾向を紹介します。

ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史

会期:2019年10月19日(土)~2020年1月26日(日)
開館時間:9:30〜17:30(金・土曜日は20:00まで。ただし11月30日(土)は17:30まで)
※入館は閉館の30分前まで

休館日:毎週月曜日(ただし祝日の11月4日、1月13日は開館)、11月5日(火)、12月28日(土)〜1月1日(水)、1月14日(火)

会場:国立西洋美術館
住所:東京都台東区上野公園7-7

上野駅からの道順も分かりやすく、他のスポットも観光できそうですね(^∇^)

音声ガイドに 花總まり と 梅原裕一郎 が就任!

宝塚歌劇団時代からマリー・アントワネットやエリザベートを演じ、現在もミュージカル「エリザベート」に出演中の 花總まり と、ウィーンで撮影した写真集を上梓したばかりの 梅原裕一郎 が音声ガイドを担当。
名門一家の君主たちと芸術家たちの知られざるエピソードを紹介します。

ハプスブルク展2019(東京)の混雑状況と口コミについて

混雑状況と口コミはこちらです。

過去に行われたハプスブルグ展は平日でもものすごい混雑していたそうです。
ネット上の情報だと夕方ぐらいや雨の日は比較的人も少なくゆっくり観れるそうですよ♪

前回行われたのが10年前なので10年ぶりということもあって
楽しみにされている方が多かったです!

今回も前回同様とっても混雑することが予測されます。
行く時間帯には気をつけましょう!

まとめ

・会期:2019年10月19日(土)~2020年1月26日(日)
・開館時間:9:30〜17:30(金・土曜日は20:00まで。ただし11月30日(土)は17:30まで)
・会場:国立西洋美術館
・住所:東京都台東区上野公園7-7
・混雑状況:夕方以降がおすすめ

 

もうすでに楽しみにされている方が多くいらっしゃいました!
10年前から、さらにパワーアップした展示会を観たいですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました