メガスター家庭用はどこで買える?価格は?情熱大陸の大平貴之で話題に

こんばんは1くぼたやです。

今夜の情熱大陸ではプラネタリウムクリエイターの大平貴之さんが出演します。
1998年に世界中から注目を集めたMEGASTAR(メガスター)を発表しました。
150万個(最終形は170万個)の星を映し出します。すごい数です。
綺麗な景色が家でも楽しめたら最高ですよね・・!

今回は家庭用のメガスター(MEGASTAR)について調べてみました。

スポンサードリンク

 

家庭用メガスター(MEGASTAR)はどこで買える?価格は?

 

メガスターの家庭用として発売されている

HOMESTAR(ホームスター)

世界で大ヒットし、なんと100万個以上を販売!

 

 

価格を調べてみたところ、1万円しませんでした

ちなみにパーソナルユースを対象とした超小型新機種「メガスタークラス」だと

1,404,000円

します・・・

ホームスターならそこまでの値段はしないので、クリスマスプレゼントにもピッタリかなと思いました♪

 

→ホームスター クラシックの値段をチェックする!

 

くま
ん〜ホームスターもちょっと高いかも・・・

 

と思った方は

大人の化学マガジン 大人の科学マガジンBESTSELECTION01 ピンホール式プラネタリウム

がオススメです!

 

なんと3,218円でゲットできちゃいます!
組み立てが必要ですが、その過程も楽しめて愛着が湧きそうです♪

しかも、大平貴之さん監修なので安心です(●´ω`●)


→大人の科学マガジンBESTSELECTION01をチェックする!

 

お届けが1月下旬ごろになるので、今すぐ欲しいという方はホームスター クラシックを要チェックです♪

 

現時点でも予約が殺到しています!

情熱大陸で放送されて人気が高まることが予測されますので、売り切れる前に
早めに予約したり、買っておくことをオススメします。

 

 

メガスター(MEGASTAR)について

 

プラネタリウム・クリエーターの大平貴之さんが20年前、たった一人で
150万個もの星を投影できるプラネタリウム「MEGASTAR」を制作しました。

 

MEGASTAR はデジタルプラネタリウムシステムとの連動にも適しています。
連動を容易にするオートジオメトリ機能、ソリッドステート・シャッター、ブライトスター投影機個別調光機能、オープンネットワークインターフェースなどが備わっていて、
他社のデジタルプラネタリウムと併用することも可能です。

 

写真でも分かる美しさ・・!

 

大平さんは560万個の星の投影を実現してギネス記録に認定を受けたり、現代だけでなく約50万年前の星空を再現するなど
プラネタリウムに革命を起こしてきました。

 

大平さんは1970年生まれの神奈川県出身。

24時間365日星空のことを考え続けているほど、好きだそうです。
好きなことを仕事にするのは強いですね(≧∇≦)

 

 

食事は牛丼が大好きで、朝「すき家」夜「松屋」がお決まりだそうです。

本でも読んだことがありますが、成功者はお決まりのメニューやルーティンがあるとか
聞きます。

牛丼でエネルギーをチャージして新しい研究や発見に繋げているのですね(*’▽’*)

 

 

大平さんのツイッターには新作?なのか分かりませんが
写真がアップされていました。

新たな家庭用プラネタリウムが出るのでしょうか・・・?

これからの情報に期待です☆

 

スポンサードリンク

まとめ

・家庭用メガスター ホームスターの値段は1万円以下
・大人の化学マガジン 大人の科学マガジンBESTSELECTION01 ピンホール式プラネタリウムも発売される
・メガスター1998年に発表され、150万個(最終形は170万個)の星を映し出すことで世界中の注目を集めた

 

 

最後まで読んで下さった方、ありがとうございました!


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリスマスコフレ特集

福袋2019

カテゴリー

翻訳