ミナ ペルホネン/皆川明つづく展2019(東京)はいつまで?チケットや混雑状況も

こんにちは!くぼたやです。

長年着用でき、創造的で普遍的な価値を持つ「特別な日常服」を提案するミナ ペルホネン!どんな展示会になるのか楽しみですね!

今回はミナ ペルホネン/皆川明 つづく展(東京)2019の期間とチケット(前売り券)、料金と混雑状況について調べてみました。

 

ミナペルホネン/皆川明つづく展2019(東京)の期間について

東京都現代美術館が、「ミナ ペルホネン(minä perhonen)」とデザイナーの皆川明にフォーカスする展覧会
「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」を開催します。
ファッション・テキスタイルブランド、ミナ ペルホネン(minä perhonen)と、そのデザイナーである皆川明を特集!

展覧会「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」
会期:2019年11月16日(土)~2020年2月16日(日)
場所:東京都現代美術館
住所:東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)

TEL:03-5245-4111(代表)※平日 9:30~18:00
ハローダイヤル:03-5777-8600 ※年中無休 8:00~22:00

 


ミナペルホネン/皆川明つづく展2019(東京)のチケットと料金について

詳しいチケット情報は現時点では発表されていません

今回の展示会も1000円前後かなと予想します。情報が出てくるのが楽しみですね。

参考までに過去の皆川明、ミナ ペルホネン展示会の情報をご紹介します。

ミナカケル展
一般 1,000(900)円 / 大学生・70歳以上 800(700)円 / 高校生 600(500)円 / 中学生以下無料
※( )内は前売りおよび15名以上の団体割引料金。
※期間中、本展観覧券で常設展示室に入場可。
※障害者手帳保持者及び介護者1名までは5割減額。
※コレクション展チケットをお持ちの方は、差額料金。

また東京都現代美術館で開催されている他の展示会の料金もご紹介します。

 

こちらは東京現代美術館の他の展示会の料金です。

企画展 百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術 -
一般:1,300円(1,040円)・大学・専門学校生・65歳以上:900円(720円)
中高生:600円(480円)・小学生以下:無料
※企画展のチケットでコレクション展もご覧いただけます。
※( )内は20名様以上の団体料金
※小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添いの方(2名まで)は無料
※第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は年齢を証明できるものを提示していただくと無料になります。
※家族ふれあいの日(毎月第3土曜日と続く日曜日)は、18歳未満の子を同伴する都内在住の方2名まで、入場料金が半額になります。

 

 

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく展(東京)の混雑状況について

過去に行われたミナカケル展の様子をご紹介します。


最終日の前日はゆっくり見られるという情報がありました。
ネット上の情報だと最終日は混んでいるという情報も見かけました!最終日はなるべく避けたほうが良いですね。
また日曜日はとても人が多くて、満足できるほどみられないという情報も。平日は比較的空いているので平日が狙い目ですよ!!

まとめ

・会期:2019年11月16日(土)~2020年2月16日(日)
・場所:東京都現代美術館
・住所:東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
・料金は現時点ではまだ発表されていない
・平日が狙い目

チケット情報が出たら早めに購入しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました