小栗大地(スノーボード)パラリンピック放送日時はいつ?経歴や事故についても

この記事は3分で読めます

こんばんは!
くぼたやです。

平昌パラリンピック開幕まであと2日!
気になる選手がたくさんいて、その軌跡や思いに感動しています。
熱い10日間になるでしょうね!(*’ω’*)

今回は小栗大地選手について調べてみました。

スポンサードリンク

 

小栗大地選手について

 

小栗 大地(おぐり だいち)

 

・生年月日
1981年1月19日

・年齢
37歳

・出身地
愛知県

・身長/体重
166cm / 58kg

・所属
三進化学工業

・障がい種別(原因)
切断・欠損(仕事中の事故)

・クラス
LL-1(重い下肢障がい)

・出場種目
男子スノーボードクロス SB-LL1
男子バンクドスラローム SB-LL1

・主な成績
2016年
第2回全国障がい者スノーボード大会(白馬)スノーボードクロス(大腿義足) 優勝

2017年
ワールドカップ(アメリカ)スノーボードクロス(LL1) 3位

2017年
第2回全国障がい者スノーボード大会(白馬)スノーボードクロス(大腿義足) 2位

2017年
ワールドカップ(ニュージーランド)バンクドスラローム(LL1) 2位

2018年
第4回全国障がい者スノーボード大会(白馬)スノーボードクロス(大腿義足) 優勝

・所属
TEAM POSITIVE

 

小栗選手とスノーボードとの出会いは小学校5年生の時。
親戚から板をプレゼントされたのがきっかけだそうです。

障害を負う前、大学生のころからスノーボードを本格的に始め、
ニュージーランドにも武者修行に出かけ、25歳でプロになりました。

ワールドカップにも出場し、力強いターンは世界トップクラス。

30歳で就職した後も競技は続けましたが、
意欲が低下していたようです。
「とりあえず大会に出ているだけみたいだった」

仕事中に鋼材束の下敷きになり、「どかすと右足がなかった」という事故の直後から
「義足でスノボをやればいいかな」と思ったそうです。

小栗選手の心には、ニュージーランドで見た片足のスキーヤー三澤拓さんの姿がありました。
「カッコよかった。自分も義足でもう一回挑戦したいなという気持ちになっていた」

事故から2か月後、退院するとすぐ三澤さんを訪ねて
「パラリンピックに出るにはどうしたらいいか」
と聞いたそうです。

 

義足で初めてゲレンデに出たときは「全然ダメだった。それでも黙々とやる姿勢がすごかった」(友人談)
成績は急上昇し、2017年12月にはフィンランドのワールドカップで、
パラリンピックの金メダリストも出場したスノーボードクロスで4位に入りました。

パラリンピックシーズンに入ってからは道具面の調整に終始し、
主に義足のひざをスムーズに動かせるようにと、理想の滑りを追求。

滑走時は競技の普及にひと役買おうと、あえて義足の見える状態で滑ることでアピールしているようです。

 

もともとアルペンスノーボーダーなので、カービングが得意なポイント。
カービングターンが見どころです!

 

くぼたや
アルペンスノーボーダーならではの高い技術にも注目されています!

 

 

テレビ放送日時はいつ?

 

気になるテレビの放送日時を調べてみました(/・ω・)/

 

3月12日(月) スノーボードクロス 午後0:20 NHK総合 生放送

スノーボード 男子・女子クロス ほか

 

3月16日(金) スノーボード バンクドスラローム 午後0:20 NHK総合 生放送

スノーボード 男子・女子バンクドスラローム ほか

 

 

スポンサードリンク

まとめ

・小栗大地選手はプロのアルペンスノーボーダーとして活躍していたが、仕事中に事故に遭う。
 義足でスノーボーダーとしてパラリンピックに出場する。

・テレビ放送日時は3月12日(月) スノーボードクロス 午後0:20 NHK総合 生放送
 3月16日(金) スノーボード バンクドスラローム 午後0:20 NHK総合 生放送

 

小栗大地選手の前向きさや行動力が半端ないと感じました!

元アルペンスノーボーダーということで、高い技術面にも注目が集まっています。

今回のパラリンピックでの活躍がとても楽しみですヾ(≧▽≦)ノ

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2003年1月
    1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー