高村和人(スキー)パラリンピックまでの経歴は?出場種目についても

この記事は3分で読めます

こんばんは!
くぼたやです。

平昌パラリンピックの開会もいよいよ今週。

パラリンピックに出場する高村和人選手は、現役の教諭だそうです。
生徒たちに様々な可能性を示すために日々努力しているようで、
競技においてだけでなく普段の生活から素晴らしい方だと思いました。

今回は高村和人選手について調べてみました。

スポンサードリンク

 

高村和人選手の経歴について

 

高村 和人(たかむら かずと)

 

・生年月日
1982年7月29日生(現在35歳)

・出身地
秋田県仙北市

・身長/体重
165cm / 55kg

・所属
盛岡視覚支援学校教諭

・障がい種別
視覚障がい

・クラス
B1

・網膜色素変性症による進行性の視力及び視野障害

・主な戦歴
16年アジア杯距離スキー優勝
17年世界選手権出場

・趣味
DJ、IT機器の操作(音声パソコンやスマートフォン)

・2011年、同僚に誘われクロスカントリースキーを開始

東日本大震災後の2011年夏、同僚に誘われてマラソンを始めたようです。
その年の冬、また同僚から「クロスカントリーもやってみたら?」と声をかけられました。
元々スポーツが好きでしたが、網膜色素変性症という進行性の病気で小学5年生の頃から徐々に視力と視野が低下していき、
中学2年生からはほとんど運動から離れていたようです。

初めてクロスカントリーをやったときは楽しかったですね。久しぶりに思い切りやれるスポーツに出合えた、と。
もちろん下りは怖かったですし、すぐに転んでしまいましたけどね。
でもその日のうちにコースに出て、3キロを1時間くらいかけてゴールしました。
疲れましたが、スポーツに打ち込めていることがすごくうれしかったです。
クロスカントリースキーは世界トップレベルの大会の正式競技にもなっているので、続けてそこを目指したいと思いました。

 

今は強化指定選手に選ばれているのでチームからガイドを紹介してもらえますが、日本にはガイドが少ないので苦労したようです。
岩手県にもいないので、スキー協会に電話して名前と連絡先を聞いてアポを取らないといけなかったようです。
大会の時には来てもらえますが普段の練習にはいません。
だからシーズン中の練習は妻にクロスカントリーのコースに連れて行ってもらって、雪の感触だけを確かめていたそうです。
板を履いて、妻の目が届く範囲を行ったり来たり。

「そういうときに何もやらないのではなく、やれることをしっかりやることが大事だと思います。」

 

僕が教えている盲学校の生徒や、障がいを持っているために引きこもってしまっている子どもたちに、外に出て行く勇気や希望を持ってもらいたいです。体が不自由だからできない、と自分でラインを引いてしまいがちですが、チャレンジしないのはもったいないと思います。大事なのは障がい受容です。僕が競技している姿を見て、障がいを持った子たちが自分の障がいを受け入れて、外に目を向けるようになってくれたらうれしいですね。

 

前向きな姿勢が印象的な高村選手。

 

視力を失った思春期の頃はどん底にいたそうです。

全盲の恩師との出会いが、高村選手を変えました。

16歳の時に入学した視覚支援学校で出会ったのは
鷺坂和明(さぎさか・かずあき)先生。

 

「スーパー盲人」って言い方が適切かわからないですけど、全盲っていうのを全然感じさせない。
鷺坂先生も結婚されて、お子さん2人だったと思うんですけど、お子さんがいて。「全盲なんだけど、白杖持って、片方に一人の子をおんぶして、空いてる手でもう一人の子を引っ張って、幼稚園に迎えに行ってるんだ」って話を聞いたんですよね。
想像しただけで鳥肌立ってきますよね。「すげー!」って、「かっこいい!」って。

 

見えなくても、できることはたくさんある。
自分で限界を決めてはいけないと、気づいたそうです。

 

「鷺坂先生のような人になりたい。」

そう思った高村さんはその後、猛勉強を重ね、母校の教員になりました。

 

 

夢を叶えるって、努力なしでは成し遂げられないことですよね。
人生を変える恩師に出会い、道を拓いてきたのだと思いました。
高村選手は今も日々夢を追い、人々に夢を与える存在になっていますね!

 

 

出場種目について

競技歴5年ながらパラリンピック出場をつかんだ高村選手。

バイアスロンとクロスカントリースキーに出場します!

 

・バイアスロン
男子7.5km 視覚障がい
男子15km 視覚障がい

・クロスカントリースキー
男子1.5kmスプリント クラシカル 視覚障がい
男子10kmクラシカル 視覚障がい

 

くぼたや
どちらも迫力がある競技ですね!
楽しみです♪

 

 

スポンサードリンク
 

まとめ

・高村和人選手は盛岡視覚支援学校教諭。恩師との出会いが人生を変えた。
 競技歴は5年ほど

・バイアスロンとクロスカントリースキーに出場する。

 

恩師との出会いが、今の前向きな高村和人選手のルーツなのだと思いました。

素敵なエピソードですね。

 

平昌パラリンピックでは、多くの方々に夢を与えてくれることでしょう!

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2003年1月
    1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー