ウィリアムソン師円(スケート)がかっこいい!イケメン父についても

こんばんは!
くぼたやです。

いよいよマススタート始まりますね(∩´∀`)∩

出場選手のウィリアムソン師円選手がかっこいい!と話題ですね♪
ということで調べてみました!

スポンサードリンク

 

ウィリアムソン師円選手について

・国籍
日本

・所属
日本電産サンキョー

・誕生日
1995年4月28日(22歳)

・出身地
北海道浦河郡浦河町

・身長
176cm

・体重
69㎏

 

高木菜那選手と同じ日本電産サンキョーですね。

 

オーストラリア人の父ポールさんと日本人の母・啓子さんの間に生まれたハーフ

名の由来は父が好きなアメリカの西部劇映画の「シェーン」からである

 

6歳ごろからスケートを始め、浦河町立浦河第二中学校の3年の時、
全国中学500メートルで3位に入る。中学校では、他に陸上と軟式野球にも励み、
軟式野球では1番・捕手として北海道で準優勝している。

本格的にスケートを志し、北海道を出て山形県の山形中央高等学校に進学する。
当初は500メートル短距離の選手であったが、後に5000メートル長距離に転向している。

高校在学中に全日本距離別選手権で3000、5000メートルで優勝し、
5000メートルでは日本のジュニア記録および高校記録となる6分24秒81の記録を持つ。

くぼたや
軟式野球やスケート短距離選手の経験もあるのはすごいですね!

 

2013年12月28日、長野県のエムウェーブで行われた代表選考会でも優勝してソチオリンピック代表選手に選ばれた。
高校在籍中にオリンピック代表選手に選ばれたのは、
スピードスケート日本男子ではアルベールビルオリンピック出場時の白幡圭史、糸川敏彦以来22年ぶりとなる。
また、浦河町出身者では、初のオリンピック選手でもある。
父の母国オーストラリア代表からも誘いがあったが、生まれ育った日本代表を選ぶ。

2014年2月8日、ソチオリンピックの男子5000メートルに日本勢として唯一出場するも最下位に終わった。
同年春の高校卒業後は日本電産サンキョーに入社した。

2014年12月の全日本スピードスケート選手権大会で、総合153.163点の日本新記録で初優勝を達成した。

2016年2月の世界距離別選手権では、マススタートで8位となった。

2016年10月に行われた第23回全日本距離別選手権大会で、ウィリアムソンは5000メートルに出場し、6分26秒75の大会新記録で2年ぶりの優勝を果たした。

2017年12月2日、カナダのカルガリーで行われたワールドカップ(W杯)第3戦にて団体追い抜きにて、中村奨太、一戸誠太とともに望み、3分38秒65の日本新記録で2位に入った。

2017年12月30日、平昌五輪代表選考会にて、男子1500メートル、マススタート、チームパシュートの日本代表に選ばれた。

 

父親について

 

父親のウィリアムソン・ポールさん。

 

元騎手で現在は馬の調教者です!

 

オグリキャップやトーカイテイオーといったアイドルホースの登場で競馬ブームに沸いていた1993年、
馬の調教者としてシドニーから北海道の牧場へやってきたそうです。
当時の馬産地は馬を育てる専門家が少なく、オーストラリアに求人を出していたよう。
そこで事務の仕事をしていた啓子さん(50)と出会って結婚したのが1994年。

父は競走馬の調教師であり、ウィリアムソンも幼少時より乗馬に親しむも牧草アレルギーのためにその道を断念したそうです。

ウィリアムソン師円選手は「スパートのタイミングなどレース展開のアドバイスはもらう」ようです。

 

くぼたや
仲が良さそうなのが伺えます。
素敵な関係ですよね!

 

 

スポンサードリンク
 

まとめ

・ウィリアムソン師円選手は日本電産サンキョー所属のスピードスケート選手

・父は元騎手で現在は馬の調教者

 

若くてかっこいい!イケメン!
平昌オリンピックの活躍でさらにファンが増えそうです☆

これからの活躍も期待される選手ですね♪

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリスマスコフレ特集

福袋2019

カテゴリー

翻訳