山本篤(スノーボード)パラリンピックまでの経歴は?結婚している?

この記事は3分で読めます

こんにちは!
くぼたやです。

夏冬どちらのパラリンピックも出場する山本篤選手。
リオデジャネイロ・パラリンピック陸上男子走り幅跳び銀メダリストです!
二刀流の鉄人と呼ばれています。

今回は山本篤選手の経歴や結婚について調べてみました。

スポンサードリンク

 

山本篤選手について

 

山本 篤(やまもと あつし)

・1982年4月19日(2018年3月現在35歳)

・片大腿義足の陸上競技選手。

・IPC 陸上競技クラス T42

・スノーボード Standing(立位) LL1

・静岡県掛川市出身

・身長 167cm 、体重 59kg

 

 

山本篤選手の経歴について

 

1982年4月19日、静岡県掛川市に生まれる。
スポーツが好きで、小学校の頃は野球、中学校ではバレーボールをしていた。
掛川西高等学校バレーボール部に所属し、垂直跳びで 1m を超えるジャンプ力を持っていたが、

高校2年生春休みの2000年3月、スクーターで事故を起こし左脛骨を粉砕骨折。
入院後に壊死が始まり、手術で左足を大腿から切断して失った。
義足を作ったことで興味を持った義肢装具士を目指し、
高校卒業後、名古屋の日本聴能言語福祉学院義肢装具学科に入学。

 

ここに当時学生として在籍していた義足スポーツ研究者の稲葉から陸上競技を勧められた。

2008年、北京パラリンピックの走り幅跳びで銀メダルを獲得した
日本の義足陸上競技選手初のパラリンピック・メダリスト。

2016年、リオパラリンピック走り幅跳び銀メダル、400mリレー銅メダル。
2013年、2015年、 IPC 陸上競技世界選手権大会走り幅跳び金メダルの2連覇、
2010年、2014年、アジアパラ競技大会 100m 金メダルの2連覇等で活躍。
クラス T42 の走り幅跳び(旧 F42 [注 2])の世界記録を樹立、
100m 、 200m 、400m のアジア記録、日本記録、400mリレー、1600mリレーのチームで日本記録を樹立した。

 

くぼたや
陸上で世界記録を樹立し、数々のメダル獲得もしている
パラリンピアンとして有名ですよね!

 

 

スノーボードの経歴について

 

冬季パラリンピックをめざしたのは
「20年東京五輪があるからこそ、パラリンピックを知ってもらいたいこと」
「新しい刺激を求めた」ことが理由だそうです。
足を切断してから最初に始めたスポーツはスノーボードで、
趣味でスノーボードを続けていたこともきっかけだったようです。

 

平昌大会を目指す上で、スズキでも陸上以外の支援拡充を検討していましたが
「自分が主体になりたい。迷惑はかけたくない」と自ら退社を申し出ました。

9月末で退社し、1日付で新日本住設と20年末までのプロ契約を結びました。
契約は両競技の支援の他、パラリンピックや世界選手権での報奨金支給も盛り込まれています。

 

銀メダルを獲得した7月の陸上世界選手権以降は、本格的にスノーボーダーとしての活動を始めました。

初参戦の9月ニュージーランドでのスノーボードW杯バンクドスラロームは9人中6位。
トップとは25秒以上も離れました。

陸上とは異なる義足で重心移動のタイミングや板の使い方に苦労したようで、
大会後の現地合宿ではハーフパイプで徹底的に滑り込み、義足の使い方やターンなどを特訓したそうです。

「陸上は筋肉の爆発、スノボは力の方向を雪面に伝えなければならない」

 

練習中に転倒して右腕をけがし、2か月間雪上練習ができなかったこともあります。
「リスクはあるけど、やる価値がある。それが僕の生き方」

 

本格的にスノーボード競技を始めて約1年で出場権をつかみました

「メダルは難しいので入賞を目指します」と意気込んでいます。

 

成田緑夢選手
「篤さんとパラリンピックに行けるのは本当にレアだし、うれしい。
篤さんの(追加)発表を聞いた時も『イエーイ!! やったね』という感じでした」
と言っています。

 

約1年で出場権を獲得した裏側には苦労がたくさんあることが分かりました…
夏冬パラリンピアンとしての活躍が楽しみですね!

 

 

結婚している?

 

結婚しています。

 

妻は小学校教諭です。

 

3月7日に第1子が誕生予定だそうです♪

 

 

スポンサードリンク
 

まとめ

 

・山本篤選手は夏冬パラリンピアン。

・スノーボードは趣味で続けていて、本格的に始めて約1年で出場権を獲得した。

・山本篤選手は小学校教諭の妻と結婚している。

 

パラリンピックの同じ開催都市での夏冬メダル獲得という夢を掲げているようです。

08年北京大会で銀メダルを獲得して、22年北京冬季大会でメダルを狙う目標を掲げています。

「東京で金、北京はスノボでメダル。こういうの好きなんです」

今回の平昌パラリンピックでの活躍、ワクワクします(●´ω`●)

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2003年1月
    1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー