YouTube(ユーチューブ)本社銃撃事件の犯人は?動機についても

この記事は3分で読めます

おはようございます。
くぼたやです。

YouTube本社銃撃事件をニュースで観ました。
負傷者も出ていて、たいへん痛ましい事件です。
犯人の動機は何だったのでしょうか…調べてみました。

スポンサードリンク

 

YouTube本社銃撃事件について

 

3日昼(日本時間4日未明)、カリフォルニア州サンブルーノのYouTube本社で銃乱射事件が起きました。

本社ビルには1700人近い従業員が勤務しています。安全確保のため、駆けつけた警官の指示で多くの人が施設外に退避させられました。

警察当局によると3人が負傷しているといいます。

3人が搬送されたSan Francisco General Hospitalの広報担当者であるブレント・アンドリューさんは
負傷者のうち36歳の男性は危篤状態で、32歳の女性は重傷、27歳の女性は軽傷だと説明しています。

 

北カリフォルニアのYouTube本社で女性の犯人が銃を乱射しているのをYouTube従業員が目撃していました。

YouTubeに勤務するダイアナ・アーンスピガーさんは4月3日(現地時間)の事件発生時、2階にいた。
銃声が聞こえたので窓のところに行って見てみると、下のパティオで女が銃を撃っているのが見えた。
アーンスピガーさんは「シューター!(銃撃よ!)」と叫び、みんなは逃げ始めた。
会議室に1時間ほど隠れ、その間、警察に何度も電話して状況を知らせる人もいた。「恐ろしかった」と彼女は語っている。

 

恐ろしいですね…

 

 

犯人や動機について

 

YouTube本社を襲った銃撃犯の女性は自分を撃ち死亡しました。

銃撃犯は建物内で銃を乱射後、自殺したとみられています。

 

YouTube従業員は犯人の叫び声を聞いていました。

 

YouTubeシニア・ソフトウェアエンジニアのザック・ボーヒーズさんはビルを退去しようとしていたとき、
本社の中庭から「こっち来いよ」または「捕まえてみろ」と銃撃犯が叫んでいるのを目撃したそうです。
腹部を撃たれた被害者の男性が仰向けで倒れているのを見て凍りついたという。
ボーヒーズさんは突撃銃を持った警官が警備用ドアから入ってくるのも目撃している。

 

このような恐ろしい事件を起こした動機は何だったのでしょうか?

動機について調べてみました。

 

 

 

YouTuberや元社員という憶測もあります。
地元放送局KRON4は消息筋を引用して「この女性容疑者はボーイフレンドに向かって銃を撃った」と伝えたそうです。
女性スタッフの彼氏が男性スタッフの中におり、2人の間で揉め事があったようです。

 

詳しい情報は今後の報道で少しずつ明らかになっていくと思います。

 

容疑者が自殺した以上、詳しい動機については分からないと思いますが
他人に危害を加える行為は決して許されることではありません。

 

スポンサードリンク

まとめ

・YouTube本社銃撃事件の犯人は自分を撃ち死亡した
・動機については様々な憶測が飛び交うが、ボーイフレンドとの揉め事という説も浮上している。

 

とても驚きました…。

被害に遭われた方が、ご無事であることをお祈りしています。

このような痛ましい事件は起こってほしくないですね。

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2003年1月
    1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー